7月2日〜5日の電話対応についてのご案内

日本政府の花粉症改革

花粉症対策の未来: 日本政府の大胆なスギ伐採計画と快適な室内環境の構築

花粉対策として日本政府はスギを2割伐採することを発表しました。これは10年間かけて2割ほど伐採し、30年後に花粉発生量を半減させることを目指すと宣言されています。同時に花粉の少ないスギの苗木やスギ以外の木への植え替えも進めると発表しています**。

これにより、将来多様な樹種が生態系に組み込まれ、花粉の発生リスクが分散されることが期待されます。

**情報源:日本経済新聞,「花粉症対策、都市部周辺にスギ伐採の重点区域 政府」,https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA107V80Q3A011C2000000/, 2024/1/15

花粉の問題点と種類:

花粉症は約50種以上の種類があると言われています。その原因となる植物の種類は、地域や季節によって異なります。もっとも多い花粉症として春に咲くスギやヒノキを原因とするものが挙げられます。樹木の花粉だとオオバヤシャブシやハンノキやクヌギなどがあります。また草本ではヨモギやブタクサのキク科やカモガヤなどのイネ科があります。花粉症は一般的で、多くの人が軽度な症状を持っていますが、一部の人々にとっては重篤な影響を与えることがあります。

病状と診断・治療:

花粉症の症状は、鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)、目の症状(かゆみ、充血)、喉のかゆみ、頭痛、倦怠感などが挙げられます。これらの症状は、花粉が呼吸器や目に触れたときに免疫系に異常な反応が出ます。診断と治療には医師の指導が必要で、抗ヒスタミン薬や鼻スプレーなどが処方されます。

生活の工夫:

これらの花粉症の発症を予防するには、普段から対策を行ったり、花粉シーズン前に対策を始めることが重要になってきます。外出後にはうがいや手洗いを行うこともその対策として。寝室の窓を閉め、空気清浄機を使用することも効果的な方法の1つです。Rabbit Airの空気清浄機はBioGS HEPAフィルターを使用しており、0.3ミクロンまでのアレルゲンと粒子を捕捉し、ダニや花粉などの取り除き、フィルター上で細菌やウイルスが増殖するのを防ぎます。付着したアレルゲンを減少させ、細菌やウイルスの増殖を抑制することで、高い効果を保ったままフィルターを長持ちさせることができます。

古い投稿
新しい投稿
閉じる(esc)

Newsletter

Rabbit Airのお得な情報をお届けします。※ 配信メールよりいつでも解除可能です。

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

ショッピングカート

現在カート内に商品はございません。
戻る