病院・クリニック向けへの取り組み

花粉症と日本人の生活:家庭・職場・屋外での対策

日本では春季になると、多くの人が花粉症の辛さを経験します。粉症のアレルギー反応は、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。**協和キリンによる情報によれば、その主な理由は以下の3つです。

 ・鼻水や鼻づまりなどにより、寝付きが悪くなったり、夜中に起きてしまうと、十分な睡眠が得られず日中に眠くなるため。

 ・目のかゆみや鼻水などにより、集中力がうまく保てず、イライラしてしまうため。

 ・鼻づまりによって口呼吸が増えると、呼吸が浅くなり、酸欠状態から集中力や判断力が低下するため。

これらを解消するには、日頃から意識して花粉症対策に取り組む必要があります。

家庭での対策:

 ・室内清掃:定期的に室内の掃除を行うことで、家に侵入してきた花粉を除去できます。特に布団やカーテンなどの花粉が付着しやすい場所は、念入りに掃除を行いましょう。

 ・洗濯の工夫:帰宅したらすぐに衣類を洗濯することdで、外からの花粉をできるだけ家に持ち込まずに済みます。

 ・室内の空気清浄:空気清浄機を設置することで、花粉を除去し快適な環境を維持することができます。フィルター通過時に0.3ミクロンの空気中の微粒子を99.97%低減できる効果的なHEPAフィルターを搭載した空気清浄機を選ぶことをおすすめします。

職場での対策:

 ・マスクの着用:職場での人との接触は避けられないことが多いため、マスクの着用が有効的です。

 ・加湿器の利用:室内を適切な湿度に保つことで、花粉が浮遊しづらくなります。

屋外での対策:

 ・外出時の注意:外出時はマスクやメガネなど着用し、花粉との直接的な接触を避けます。

 ・帰宅後のケア:家に上がる前に衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらってから入室し、家の中に花粉を持ち込む量を減らすことを意識しましょう。

これからくる花粉症の季節に備え、対策することを心がけることで、より快適な日常生活を送ることができます。

情報源:協和キリン、「花粉症による日常生活への影響」、2024年1月26日

古い投稿
新しい投稿
閉じる(esc)

Newsletter

Rabbit Airのお得な情報をお届けします。※ 配信メールよりいつでも解除可能です。

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

ショッピングカート

現在カート内に商品はございません。
戻る