ジョンズ・ホプキンス大学における取り組み

ジョンズ・ホプキンス大学における呼吸器健康研究への取り組み

ラビットエアーは2014年から、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学(JHU)の喘息、アレルギー、呼吸器疾患に関する画期的な研究を支援しています。過去10年間にわたり、1,000台以上のラビットエアー空気清浄機が呼吸器系の健康改善に焦点を当てた様々なJHU研究プロジェクトに寄贈してきました。私たちの継続的な取り組みの一環として、呼吸器疾患に対する科学的理解を深め、効果的な治療法を開発するサポートを行っています。

 ラビットエアーが支援する研究プロジェクト

ラビットエアーの空気清浄機は、JHUのいくつかの重要な研究プロジェクトで重要な役割を果たしています。 ここでは、私たちがサポートした重要な研究の一部をご紹介します。

 ・喘息管理に関する研究

環境制御が喘息の症状を緩和し、患者の転帰を改善する方法を理解することに焦点を当てた研究です。この研究から得られた知見は、喘息の管理における空気清浄機の役割について貴重な洞察を与えています。

 アレルギーと空気の質に関する進行中の研究

空気清浄機がアレルギー患者に与える影響を調査することを目的としており、室内の空気を清浄化することでアレルギー反応を軽減し、生活の質を改善できるかどうかを調査しています。この研究はまだ進行中であるため、私たちもその結果を心待ちにしています。

 ・都市環境における呼吸器の健康に関する進行中の研究

汚染やアレルゲンが蔓延している都市環境における呼吸器の健康に対する空気清浄機の効果を調べています。この研究は、都市部の住民の健康を保護する戦略を保護する戦略を開発するために極めて重要であります。

ラビットエアーは、今後もJHUの呼吸器健康分野における先駆的な研究を支援していきます。今後5~6年の間に、さらに多くの空気清浄機を寄贈する予定であり、室内空気の質の向上と健康状態の改善への取り組みを強化していきます。JHUのような一流の研究機関と提携することで、すべての人にとってより健康でクリーンな未来に貢献することを目指しています。

古い投稿
新しい投稿
閉じる(esc)

Newsletter

Rabbit Airのお得な情報をお届けします。※ 配信メールよりいつでも解除可能です。

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

ショッピングカート

現在カート内に商品はございません。
戻る