MinusA2フロントパネル (アーティストシリーズ)

販売価格: 9,720 (税込)

1,350 ポイント獲得!

  • アーティストシリーズ
  • カラー
数量


 





凛とした美しさと、冬の澄み渡った空気を更に際立たせる気品ある香りを誇るウメの花は、古くから日本人に愛されてきました。日本的な伝統美の象徴として、よく和歌や能に取り上げられる高貴な花です。


ナナミ・コーデュロイ (サスペンディッド・アニメーション)

ナナミ・コーデュロイはオーストラリアのシドニーで日本人とヨーロッパ人の両親の元に生まれ、それぞれの国の文化と強い結びつきを持っています。極めて対照的な文化と環境で育ったことが、彼女の芸術スタイルと創造力の表現に大きな影響を与えています。


ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ (星月夜)

ポスト印象派の代表的なオランダ人画家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。生涯で売れた絵はたった一枚しかなかったものの、彼の描いた「星月夜」は後に世界で最も有名な美術作品の一つとなりました。太く渦巻く筆調で描かれた濃紺、緑、黄の夜空が教会の尖塔と静かな街並みを包み、作品に躍動感を与えています。1889年に描かれたこの傑作は、ゴッホの故郷であるオランダの風景を想起させます。雲一つない夜に、星のモザイクが瞬きます。


葛飾北斎 (神奈川沖浪裏)

葛飾北斎 (1760年-1849年) は、江戸 (現在の東京) に生まれた自由奔放な版画家でした。浮世絵シリーズ「富嶽三十六景」(1831年頃) で最もよく知られており、その中には彼の象徴的な作品として国際的に認知されている「神奈川沖浪裏」が含まれます。北斎の作品の中で最も有名な浮世絵を始め、銅版画、風景画の大半は、1830年から1840年にかけて製作されました。1790年代には本の挿絵を描いたり、挨拶状や告知状に使用する葉書の印刷を行いました。多作画家であったにも関わらず、北斎は貧しく地味な生活を送り、最後まで質素な生き方を貫きました。


グスタフ・クリムト (接吻)

グスタフ・クリムト (1862年-1918年) は、オーストリアの象徴主義の画家であり、ウィーン分離派の最も有名なメンバーの一人として知られています。主な作品は、絵画、壁画、スケッチ、その他の芸術品を含みます。クリムトの作品は女体を被写体にすることが多く、また金箔を多用した「黄金期」と言われる創作期間に「接吻」(1907年-1908年) は描かれました。






レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。