ブラシレス
直流モーター(BLDC)

ブラシレスモーター vs ブラシ付きモーター

ブラシ付きモーターはブラシを使うことでモーター内部に電流を流します。低コストではあるものの、定期的なお手入れが必要なこと、過熱の恐れがあること、そしてノイズが発生しやすいといった欠点があります。Rabbit Airはこれらの欠点を回避するために、銅線コイルをモーター周りに配置した高度なブラシレス直流モーターを使用して、モーター内に電流を流しています。この最新技術により、モーターが過熱せずに静かに動作することを可能にし、また定期的にお手入れする手間を省くことに成功しました。

構造上の違い

ブラシ付きモーター

磁石とブラシは固定されており、 電機子と整流子は磁石内側の電動機軸上で一緒に回転します。

1
炭素ブラシ
2
磁石
3
電機子
4
整流子

ブラシレスモーター

ブラシレスモーターは、ブラシと整流子の代わりに小さな回路板で銅線コイルに流れる電力を制御します。磁石と銅線コイルの配置も、ブラシ付きモーターのものとは逆になっています。

1
磁石
2
電機子
3
電気制御器

ブラシレスモーターの利点

ブラシレスモーターには優れた効率性と高い耐久性が備わっています:

  • より強力に銅線コイルがモーターの外側に配置されているため、コイルをより大きく強力なものにすることができます。
  • よりスマートにブラシ付きモーターは常に最高速で連続運転するのに対し、ブラシレスモーターは抵抗力を調整しながら電流を流すことができます。
  • より効率よくブラシレスモーターの場合には、回転する整流子とブラシの接触によって起こる摩擦抵抗や電圧低下が起きません。このような物理的接触は、継続的な電力損失とブラシの摩耗を招きます。