スーパー活性炭フィルターの仕組み

活性炭は次の炭素質原料から作られています:

炭を極高温で熱することによって細孔を開かせ、ガスと有機化合物を除去する能力を高めました。

Rabbit Airのスーパー活性炭フィルターは石炭やココナッツ殻などの天然原料から作られているため、非常に高い浄化効果があります。 これらの天然原料は、空気のろ過にどう関係しているのでしょうか?

  • 炭素が多く含まれることで、汚染物を徹底的に吸収することができます。
  • 耐久性が高いため浄化能力が持続します。
  • 豊富な天然炭素と微細孔が小さな不純物をも吸収します。

スーパー活性炭の仕組み

スーパー活性炭は多孔質であるために内部の表面積が非常に大きく、また静電引力や化学吸着の発生により不純物が活性炭の細孔に結合するという特性をもっています。細孔の結合部位がいっぱいになると、それ以上の不純物が付着することができなくなります。Rabbit Airは、炭素が豊富に含まれる原材料を使用することにより、臭いと化学物質を徹底して吸収することを実現しました。
 

高度な多孔性のため、

1グラムの活性炭の表面積は

5,392平方フィートになります

10グラムの活性炭の表面積は


アメリカンフットボール競技場と同等の大きさになります。